行事食


当月実施行事食

次月実施行事食

年間行事食詳細

おすすめレシピ



12月・お正月の行事食予定

おでんの美味しい季節

・茶飯
・関西風おでん
・ほうれん草のごま浸し
・果物

冬大根の美味しい季節

・炊き込みご飯
・あこう鯛塩焼き~ししとう添え~
・青菜のくるみ和え
・柚子風味のふろふき大根
・果物

当院おすすめレシピ

・冬野菜カレー
・手作りドレッシング和えサラダ
・牛乳
・手作り紅茶ゼリー

郷土汁シリーズ第19弾「京風白味噌仕立て椀」

・ご飯
・ぶりの照焼き~人参甘煮添え~
・かぶの冷製煮
・郷土汁「京風白味噌仕立て椀」
・果物

冬至の日にちなんで

・きのこご飯
・鰆の西京焼き~茹でインゲン添え~
・南瓜のいとこ煮
・白菜ゆず風味和え
・果物

今日はクリスマス

・バターライス
・ローストチキン~マッシュポテト・グラッセ添え~
・クリスマスサラダ
・コンソメスープ
・いちごショートケーキ

大晦日

・ご飯
・天ぷら盛り合わせ
・薬味・てんつゆ
・ほうれん草お浸し
・椀盛り年越しそば
・果物

お正月献立~元旦~

・ご飯
・おせち盛り合わせ
・青菜の煮びたし
・生麩入り雑煮風

お正月献立~2日~

・ご飯
・海老の鬼殻焼き/松風焼き
~金柑甘煮・菜の花添え~
・柿なます
・茶碗蒸し
・果物

お正月献立~3日~

・鶏の照焼き丼
・青菜のお浸し
・野菜けんちん汁
・果物

 

1月の行事食予定

七草の節句

・ご飯
・揚げ魚の野菜あんかけ
・青菜の辛子和え
・清まし汁
・果物
・一口七草粥

鏡開き

・ご飯
・鯖のムニエルマルセーユ風ソース
・酢の物
・漬物
・よもぎ生麩の一口ぜんざい風

 

成人の日にちなんで

・赤飯
・鰆の黄身焼き
・からし和え
・清まし汁
・フルーツ盛り合わせ

 

郷土汁シリーズ第20弾~香川県のしっぽく汁~

・五色丼
・さつま芋レモン煮
・しっぽく汁
・果物

 

寒さ厳しい頃

・五目うどん
・南瓜の甘煮
・胡瓜の生姜和え
・みかん

 

当院おすすめレシピ

・あんかけ焼きそば
・華風豆サラダ
・杏仁豆腐
・牛乳

 

 

荏原病院行事食

 当院では、少しでも入院中の楽しみや癒しとしていただけるように、月に4回程度季節に応じた行事食を提供しております。これまでに、当院でお出しした行事食を紹介いたします。
 行事食名をクリックしていただきますと、詳細がご覧になれます。随時更新していく予定です。また、今後は献立詳細もご覧になれるように更新していく予定です。どうぞ、栄養科ホームページにお立ち寄りください。


おすすめレシピ【冬野菜カレー】

 今月のおすすめレシピは、12月の行事食で提供した荏原病院特製「冬野菜カレー」をご紹介します。
 当院では、市販のルーは使用せず一から手作りをしています。そのため、ややサラッとした仕上がりになります。お好みのスパイスを加えて、アレンジをしてもいいですね。冬野菜は最後にトッピングすることで、カフェ風のおしゃれなカレーに仕上がります。是非、ご家庭でもお試しください。

【材料】(2人分)
豚ももスライス 100g
  玉ねぎ 80g
  にんじん 40g
  じゃが芋 100g
  れんこん 40g
  大根 80g
  ブロッコリー 40g
  にんにく 3g
  生姜 6g
  サラダ油 10g
【作り方】
① 玉ねぎくし切り、にんじん乱切り、じゃが芋乱切り、れんこん厚さ1cm弱の輪切り、大根厚さ1cm程度の輪切りにする。
② 鍋を熱したらサラダ油を入れ、みじん切りにした生姜とにんにくを炒める。香が立ってきたら豚肉、たまねぎを加えていため、色が変わったらにんじん、じゃが芋を加えて鶏ガラスープをひたひたになる程度注ぎ、ローリエを加えて煮る。
③ 弱火~中火でフライパンを熱し、バターを入れ溶けたら小麦粉を加えて、薄茶色になるまで焦がさないようにヘラでよく炒め合わせる。色がついたらカレー粉、ガラムマサラ、チャツネを加えて炒め合わせ、②の煮汁を少量ずつ入れてダマにならないようにのばす。
④ ②の鍋に③のルーと調味料(りんごはすりおろし)を加えて煮込む。
⑤ れんこんと下茹でしておいた大根を程よく焼き色が付く程度に焼き、ブロッコリーは塩ゆでしておく。
⑥ 器に、ご飯と④のカレーを盛りつけ、最後に⑤のれんこん、大根、ブロッコリーを添えたら出来上がり。
〇ルー
有塩バター 10g
小麦粉 20g
  カレー粉 2g
  ガラムマサラ 1g
  チャツネ 2g
〇調味料
りんご 20g
トマトピューレ 10g
  トマトケチャップ 10g
  ウスターソース 6g
  2g
  顆粒鶏ガラ 2g
  ローリエ 適量
 
☆ポイント:

 じゃが芋の代わりに、里芋を使用してもよいでしょう。最後のトッピングはお好みの野菜で構いません。旬の野菜を使用することで、春夏秋冬楽しめますね。

▲TOP